GroundTruth Blog

How Mobile and Location-Based Advertising are Reinventing Out-of-Home

Posted by Gerard Vicente on Mar 30, 2017 9:49:33 AM

xAd-OOH-blog-676188-edited.jpg

At first glance, it might be hard to see the link between out-of-home (OOH) advertising and mobile. One is static, while the other's always moving. One has been around for hundreds of years, while the other is a modern invention.

When you think about it, though, these two marketing channels have a lot in common. Both leverage location to reach the right audience. Whether an ad takes the form of a billboard on a busy commuter highway or appears on a treadmill at the gym, OOH advertisers target consumers based on where they go and when, while mobile campaigns rely on foot traffic intelligence and location data to do the same.

In a way, out-of-home is the original location-based ad. And that makes mobile the perfect match for OOH campaigns.

Out-of-Home is Top of Mind for Brands

In 2016, OOH was the only traditional media category other than TV to see an increase in ad spending, according to eMarketer. As The New York Times reported last fall, billboard companies are "not only surviving — they're flourishing," with ad spending rising for 24 quarters straight.

The ongoing growth of OOH media is impossible to ignore. Active lifestyle marketing company Zoom Media now reaches consumers in 3,000 health clubs with digital signage in 160 markets across the US, while Captivate's lobby and elevator ads reach upwards of 10 million business professionals each month. Why the boom? Marketers recognize the value of this form of location-based advertising and the impact it stands to have on brand awareness and reach, and that's creating what MediaPost has referred to as an OOH advertising renaissance. Unlike the campaigns of old, though, OOH is now has a powerful ally: mobile.

Why Pairing OOH and Mobile is a Marketing Must

For a long time, mobile was perceived as a newfangled approach to marketing and the stuff of early adopters. Not so anymore. As we move from early to late majority adoption, brands can no longer overlook the importance of this technology and where it fits into their overall marketing plan.

EMarketer recently reported that mobile will represent 84 percent of digital ad spending in the US by the year 2021 compared with 16 percent for desktop, while spending on mobile ads is expected to grow by more than 34 percent this year.

Evolving consumer behavior plays a big part in the mobile and OOH marketing explosion. As the Times points out, consumers are spending more time out of the house, "partly because of an increase in travel and commuting and also because smartphones keep them connected when they are away from home or work." The more time consumers spend with their mobile devices out in the world, the more they're exposed to both mobile and OOH ads, and the greater the marketing opportunity becomes.

So how can brands maximize these highly compatible channels? With mobile marketing, and location-based ads in particular, we're able to understand who a customer is, where they've been, and what they're likely to do next. Marketers can even influence this last event by leveraging foot traffic trends to deliver a more personalized and relevant ad experience.

Imagine the potential of these ads when paired with OOH. We already use mobile to determine which locations are a good fit for our target audience — fast food chains, for example, can select which customers to target based on a combination of their proximity to a store location and the interests and needs demonstrated by their previous behavior. But OOH advertisers can also use mobile to inform them on the value of potential advertising locations by determining whether there are enough "fast food visitors" in the vicinity to justify a billboard. According to the Outdoor Advertising Association of American (OAAA), "With the help of smartphones…OOH can intercept consumers who are near or at the point of purchase like no other ad medium."

Mobile also has the ability to provide insight into other aspects of OOH strategy, like where potential customers are coming from, and how your ad placements influence their purchasing decisions. When you know that a large volume of visitors around your billboard are, say, from affluent neighborhoods, you're better able to create messaging that will resonate with them.

Mobile and Your Presence at Key Moments of Intent

The modern consumer can be described in two ways: on-the-go, and connected. Amazingly, Cisco reports that by the year 2021 more people worldwide will have a mobile phone than a bank account, running water, or a landline. As a result, consumers will rely more and more on their mobile devices, using them to navigate their world as well as fill it with what they need. Just consider last year's Cyber Monday activities. In 2016, American spent $205 million shopping on their smartphones, and mobile's share of Cyber Monday shopping is growing with each passing year.

All of this makes mobile a valuable marketing tool for measuring purchasing behavior and intent related to OOH campaigns, and the key to unlocking the mindset of the consumers cross-channel marketers hope to reach. Remember, what consumers tell brands and what they actually do isn't always consistent. That makes foot traffic data vital to following their movements in order to better meet their needs.

Out-of-home advertising may be thriving, but marketers are only just beginning to explore the role that mobile can play in creating more effective and efficient campaigns. Together, OOH and mobile are capable of taking location-based advertising to a whole new level.

トピック: 場所モバイル

Location Drives Marketers’ Shift from Demographic to Contextual Insights

Posted by Julie Fairclough on Mar 23, 2017 3:27:19 PM

exchange-wire (1).jpg

Recent global events have proved how hard it is to predict outcomes. Consider President Trump and closer to home, Brexit. Heck, consider English football club underdog, Leicester City winning the Premier League last year. All events were against the odds, in all cases any expert relying on data to predict the outcome would have anticipated incorrectly. Why? Because people aren’t always willing to tell you everything; the decisions people make and the actions people take differ on their situation and mindset from day to day. 

Which leaves marketers in a bit of a conundrum. How do you create valuable experiences that account for and align well with unpredictable consumer behaviour? How do you measure and understand consumer habits? What is the value of demographic targeting in a world where intent is influenced on context?

We sought to answer some of these questions in our new report, conducted in partnership with ExchangeWire, Digital Re-imagined: Context and Predictability, and asked 207 digital marketing professionals to consider these points.

Key Learnings

What we uncovered was the use of location and contextual data was on the rise. Whilst ad requests containing location data rose by 170% last year, our survey revealed that 51% consider demographic segments to be of “limited use” or “no use”, with 38% of those who used contextual targeting doing so in order to break away from demographic stereotypes.

We also found that 43% of respondents believe contextual and location targeting will boost relevance of their ads, and 41% believe it’s main use is to drive footfall to physical locations. This is because location is one of the highest indicators of behavioural intent. My current situation, where I have been previously and what is in close proximity to me is more likely to determine what I find interesting and what I go onto buy than anything else. This is why 34% of respondents said real-time campaign activation is one of the main performance benefits they’ve seen from investing in contextual targeting, second only to campaign efficiency (47%).

So what does this mean?

Are we experiencing the demise of demographics? Quite frankly, no, that’s a massive over-exaggeration. But as consumer behaviour gets harder to predict, new technology is making it easier than ever before for brands to obtain a wider understanding of their audience. People have never fallen into straightforward demographics, and now we can build campaigns based on real behaviours and audience context. Location highlights intent as a visit to a store or specific place is often a larger commitment to purchasing compared to an online search or social share, and opens prime opportunities for brands to target audiences in the right moment based on where they are and the situation they are in.

With consumer behaviour more erratic than ever, the idea of spending months crafting overarching targeting for media campaigns is starting to seem outdated. Therefore, more efficient campaign planning and real-time activation are vital if marketers are to be as effective as possible in times of flux. Click here to download our report, “Digital Re-imagined: Context and Predictability”.

トピック: リサーチモビール

Your Guide to Designing Mobile Ads

Posted by Unsun Lee on Mar 15, 2017 3:51:08 PM

designing mobile ads -editorial (1).jpg

Mobile ad spending in the U.S. will more than double by the year 2021, according to marketing advisory firm BIA/Kelsey. At the same time, spending on location-targeted ads is expected to grow from about $12 billion to more than $32 billion.

There's no doubt that brands are ready to go all in with mobile. But is their mobile creative up to the task?

Even after years of experimentation, many marketers struggle to get their mobile display ads just right. The rules are different when you're designing for a mobile screen. For starters, there's no large canvas to help you make your ads jump off the page. Mobile requires that marketers consider everything from viewability to spacing and navigation. Users' attention spans are also plummeting, as noted by VentureBeat. Couple that with the fact that mobile behavior can be dramatically different from desktop, with mobile users multitasking, juggling numerous devices, and researching products on the move, and you've got a tricky proposition.

While designing effective mobile display banners is a unique process, recent data can help us master it. Here are three creative insights to help you design with the end user as priority.

Lighter Means Faster

As reported by Adweek, new research from Google and video technology company Teads shows that mobile video ads created using Google's AMP (Accelerated Mobile Pages) can significantly outperform traditional mobile ads. The faster ads were found to boost click-through rates by 200 percent.

This suggests that consumers have a more favorable outlook on ads that don't interfere with their mobile experience. But marketers have the cards stacked against them. Publishers always ensure their own content loads before the ads do — a smart tactic for increasing unique users and page views, but a big challenge for brands left with mere seconds to get their ads loaded on the page. Busy mobile users don't have the time or patience to wait for an ad to load, so when you're designing for the mobile device make your file sizes as small as possible and always aim for proper ad serving.

Keep Copy Short

How much ad copy is too much? This question has confounded digital advertisers for years, but we now know that when it comes to mobile, less is more.

xAd's Creative Insights report from 2016 revealed that mobile banners featuring copy comprised of fewer than 5 words received a 43 percent lift in click-through rate, so when you create your banner ad copy, keep your message short and to the point. Put all the attention on your offer, and cut unnecessary copy. Consumers should be able to glance at your ad and immediately get the gist, and eliminating your ad's background noise can help make your message crystal clear.

Animate to Engage

With mobile ads likely to run on multiple different sites and apps, it doesn't make sense to design for each publishing environment. Instead, create ads that catch users' attention on any publisher, against intended content.

One way to do this is with animation. According to xAd's Creative Insights, adding GIF animation — even if it's subtle — to mobile creative can improve click-through rates by 36 percent. The addition of animation will make users more likely to engage with your ad, while simultaneously differentiating your mobile creative from publisher content. Keep in mind, GIF animation isn't an excuse to add more copy; in fact, it requires an especially thoughtful approach. Every frame should be able to stand alone and feature your logo, call to action, etc., since you never know which frame a user will see while browsing. After all, studies have shown that consumers can spend less than 200 milliseconds looking at a mobile ad.

When armed with mobile creative best practices, marketers can ensure their mobile investment pays off. Be sure to subscribe to our blog for upcoming strategies on topics like crafting better mobile rich media ads and leveraging location data for your campaigns.

UnSun Lee

About UnSun Lee
UnSun Lee is VP of Creative at xAd. She has over 15 years of digital media experience, specializing in advertising, publishing, and products for startups, mid-sized to Fortune 500. Prior to joining xAd, UnSun held senior roles at NBC, Mashable and Time, Inc. In her spare time, she enjoys traveling around the world.

 

Topics: Mobile, Creative

5クリスマス期間にわたり英国のショッピング動向

投稿者アレクサンドラ・マシューズ月に16 、 20174 : 13 : 14 AM

 

小売業者はよりスマートかつ迅速な方法で既存および潜在的な顧客と通信することによって自分自身を区別する必要がありますので、クリスマスに競争が激しいです。正確な位置ターゲティング、およびロケーション・インテリジェンスから得られたデータは、小売業者が特定の瞬間に基づいて経験を提供することにより、オンラインとオフラインの間の障壁を打破することができます。 

英国で行わ最近の着地分析、消費者はますますクリスマスに至るまでの5日間でショッピングセンター、百貨店、高い街や食料品店全体で記録された平均足音よりも高いが、比較して、最後までクリスマスの買い物を残していることを明らかにしました12月の残りの部分に。勝者は最後のクリスマスだった人を参照してください!

ブログImage.jpeg

 

トピック: 場所モバイル

Here's What Consumer Trends to Expect in 2017

投稿者ニコールGenchur 12月に21 、 201612 : 33 : 40 PM

ここでは、消費者の動向をに期待するものです2017

今年は、私たちのようなハイテクパワーの業界に大きな変化をもたらすことができ、 2016例外ではありませんでした。今の質問は:何が待ち受けていますか?私たちは、あなたが新年に実行して地面を打つ助けるために私達のトップ3のトレンドベースの予測を切り上げました。

消費者の旅は、センターステージを取るだろう

もし2016一つのことを確認し、それがモバイルが依然として活況を呈していることです。メディアと一緒に過ごした時間は全体的に平準化しているように見える一方で、消費者はのために自分のモバイルデバイスになりました より多い3時間毎日。消費者がデジタルでより多くの時間を費やしているが、それはそれが彼らの購買行動に来る場合は特に、彼らは現実世界の経験をあきらめたわけではありません。

このすべてが密接に小売店や方法、の未来につなぐ、どこで消費者の店れます。彼らはomnichannel商取引でますます快適に成長し、複数のプラットフォームを介して購入をするように、お客様の旅は進化し続けます。今、平均的な消費者は、約所有していること 4接続されたデバイス、小売業者は、彼らが買い物客が探しているまさに実現を支援、顧客の運用および特異プロファイルを構築することで応答します。

ブランドが店頭カスタマーエクスペリエンスに焦点を当てます

購入プロセスにロケーションインテリジェンスの役割を探求するとともに、ブランドは、ストアとで、消費者が彼らと右があるパーソナライズされたショッピング体験を提供することの重要性を認識しています。

研究は示しています 78消費者のパーセント 小売業者は、パーソナライゼーションの目的のために、店舗内のショッピングデータを使用することを許可して喜んでいます。リアルタイムで配信特別オファーの形で位置ベースのモバイルアラートのこの機会を活用するブランドを期待しています。とともに 90米国のスマートフォン所有者の割合 小売業者は、彼らが現在オンライン提供することをオフライン環境でも同じ堅牢な情報を提供するために今、レビューを読んで価格を比較し、製品のスペックを調べるなどの活動のために店舗自社のデバイスを使用して、それが不可欠になります。ショッピング体験を向上させるために、店舗のモバイル位置情報技術を使用することで、販売に劇的な効果を持つことができ、およびマーケティングツールボックスの中で最も強力なデバイスのいずれかになります。

VRやARは彼らのティッピング・ポイントに到達します

我々はすべて今年目撃したように、消費者は、拡張現実感のために飢えています。ポケモン囲碁ブームは、その十分な証拠でした。マーケティング担当者は、この技術の収益の可能性の味を持って、と 消費者の4分の1近く 来年にバーチャルリアリティ装置を使用するか、または購入することを計画し、彼らが意味のある方法でVRとARの両方を使用する機会を検索する可能性が高いです。

これは、店舗内やオンラインショッピングでVR / AR技術を組み合わせることを含みます。最近の調査では、 55消費者のパーセント 彼らはVRが彼らの購入決定に影響を与えるだろうと思うと述べました。この目的のために、より多くのマーケティング担当者は、消費者とBの両方を有効に没入体験を提供します2 B観客は、新しい方法で自社製品と相互作用します。位置データと "仮想コマース」の可能性の膨大な量があまりにも、あります。消費者はこれらの技術のメリットを最大化するために、彼らの購買行動を変更すると、小売業者は、店舗マップから棚に自社製品の場所にすべてにARをマージします。

今後数ヶ月は、可能性の完全なエキサイティングなものが考えられますので、シートベルトを締めると、あなたが来るために年ナビゲートするために、これらの予測を使用することがバインドされています。

トピック: 場所モバイル

インフォグラフィック:購入にモバイルパス上のグローバル・リテールショッパーズ

投稿者ニコールGenchur 10月に20 、 20169 : 00 : 00 AM

購入するパスはもはや線形ではありません。スマートフォンで武装し、消費者が十分な情報とオンラインと店舗で変換することがしばしば迅速です。これらの消費者は自分のデバイスを使用する方法と場所を買うために彼らの意図をどのように影響するかを理解することはマーケティング担当者のために重要です。今年は、XADがリリースされ、その研究を購入するためのグローバル・リテールモバイルパス 、彼らは購入の意思決定を行うためにスマートフォンを使ってどのように調べるために5カ国の消費者を比較しています。これらの洞察の数に覗いについては、下記の当社のインフォグラフィックをチェックしてください。

それが最も重要なときにモバイル消費者に到達するために場所を活用する方法を学ぶには、 完全なレポートをダウンロードするには、以下のインフォグラフィックをクリック

XADモバイルパス上のグローバル・リテール・ショッパー購入する - より多くの洞察をクリックしてダウンロード!

トピック: 場所モバイル

投票この選挙をアウト得るのを助けることができます青写真

投稿者サラOhle 8月に2 、 201612 : 51 : 43 PM

投票-Booths.jpg

に2008 、バラク・オバマは、有権者-とビッグデータとの彼のキャンペーン精通したアプローチによって演奏少なからずとに希望と楽観のサージに大統領に急騰しました。それは米国の主要政党のための第一号だった、それはの使用中流域瞬間でした でビッグデータ政治キャンペーン。に2016 、風景は(穏やかにそれを置くために)著しく異なる感じている、と通路の両側の政治家は票を得るのを助けるための技術と洞察力に大きく依存しています。この時間は、しかし、それは、政党は野党特異的にオーバーエッジに活用するために探しているロケーションインテリジェンスです XADの青写真

青写真は、キー企業や関心のあるポイントの周りの正確な地理的な境界を生成XADの特許出願中の技術です。広告リクエストを通過した位置信号と、これらの「Blueprinted」の領域を組み合わせることにより、XADは、消費者の過去と現在位置に基づいて過ごすモバイル広告をターゲティングするために用いることができる足の交通行動データを決定することができます。しかし、小売業者とは異なり、政党は、店舗内の人々を駆動するために、XADの技術に興味を持っていません。その代わりに、彼らは、意識を高める寄付する有権者を従事し、人々が投票するために取得しようとしています。

しかし、彼らはそれをどのように行うのですか?

最初のステップは、右の聴衆を構築することです。現在、政党がその有権者の最初のパーティのデータのトンで武装しています。ロケーションインテリジェンスと組み合わせると、政党がそうサポーターに、より関連性の高いメッセージングを識別して提供するために非常に堅牢なプロファイルを作成することができます。例えば、当事者は、そのような重要なスイングとダウン投票の状態で同じような考えを持つ有権者または地理的領域を引き付けることができる企業として、それが標的に興味を持っていた場所の​​リストをXADを提供することができます。 XADも議会の選挙区のような政治的慣習のような一時的なイベント、さらに少ない有形スペースのカスタム境界を作成する機能を持っています。

XADはまた、伝統的な聴衆データ-有権者、同様の信念を共有する人々と、そうで-の全体的なキャンペーンのターゲットを含めることができます。世論調査に人々を取得:このすべては彼らの究極の目標に近い、それらを移動させながら効率を作成し、スケールでリアルタイムの投票者プロファイルを構築するために政党を可能にします。実際には、選挙日に、サポーターがうまくいけば、最寄りの投票の場所を示すメッセージング余分なプッシュがポーリングドアを通って歩いていること、それらを与えることで再標的化することができます。

最後のステップでは、キャンペーンや投票率の影響を測定することです。同じように XAD事業所に足のトラフィックを測定します多くの人々が政治的なキャンペーンの広告が配信されたかなど、XADの位置データは、各当事者に伝えることができ、そしてそれらの人々のどのように多くの政党のための「ROIループ」を閉じ、投票すること現れました。

では、なぜこれはとても重要なのですか?

場所とモバイル広告を通じて関心点聴衆の建物、ターゲティング、および測定は、時間とお金を節約し、到達し、スケールで最高の観客に影響を与えるためにキャンペーンを可能にしています。オバマ氏のように2008 、キャンペーン管理、今日のデジタルチームは、ロケーションインテリジェンスのための新しいエキサイティングな方向を告げる革新的な戦略を開拓することによって自分自身の名前を切り開くことができました。勝つか負ける、各当事者は、今後数年間のために適用される貴重な洞察を得ています。

トピック: ロケーション戦略モバイル

ロケーションインテリジェンスは、マーケティング担当者ターゲット春ブレーカとその予算を助けることができる方法

投稿者ニコールGenchu​​r 4月に22 、 20169 : 00 : 00 AM

春休み客

マーケティング担当者のために、春休みが叶う夢です。学生はブランドのマーケティング活動に彼らは非常に受容すること、解き放たと学年からの蒸気を吹き飛ばすために探しています。 95学生、年齢の% 18 - 24 smartphone¹を-と所有し、彼らはそれを使用することを恐れていませんよ。これはマーケティング担当者は、関連する広告を送信するために自分に有利にロケーションインテリジェンスを使用するためのバネが絶好のチャンスを破ることができます。

トップ春休みの場所

あなたはこの千年の人口統計に到達し、お住まいの地域の商業を向上させることができる方法を理解するためには、あなたは彼らが4月であることを計画しているどこに知っておく必要があります。私たちは一緒のリストを入れています最も人気の春休みの宛先あなたのマークを打つ助けるために²:

最も熱い春休みの場所

この群集は過ごす方法を知っています

春のブレーカーが学校から自分の時間をオフに楽しみながらお金を費やすことをいとわないとあなたがそれらに到達するためのノウハウを持っているブランドなら、あなたは良い形にしています:

春ブレーカの消費性向

  • の間に1 。 5そして2万人の学生が毎年春休みに行くと、まとめて10億以上のドルを費やします
  • 34 %は$の間で過ごすことになります500 - $ 1500そして24 $間の% 1500 - $ 3000
  • 春休みに自社の製品やサービスを推進し、企業のブランドはによって彼らのブランドの認知度を高めることができます30 %
  • 春休みは、地域経済に数百万ドルを追加し、ほぼ地元企業を提供します40全体year³のための彼らの収入の%

マリブは夏の味をもたらし

クール、関連するキャンペーンは、常に春のブレーカーからA +を受けます。トリック?あなたの聴衆を知っています。春ブレーカのために完璧に適しているメディアリッチ、ロケーションベースの広告キャンペーンを作るために、XADと一緒に働いたマリブ、からそれを取ります。

マリブは、史上最高の夏の広告キャンペーンで携帯電話の画面に日光の味をもたらしました。ユーザーは、ココナッツとパイナップルのような季節の味とラム酒を混合してカクテルを作成する可能性があります。自分の作品を共有するためのオプションは、オンライン小売業者および検索のレシピが会話を続けると関与を奨励助け見つけます。

あなたが標的にすることができることをどこか暖かく、晴れの賛成で肌寒い場所を逃れるために生徒を誘惑しようとすると?広告主はまた、寒い地理的な位置にあるかもしれない人たちへの日当たりの良い場所を促進する戦略的な広告を送信するために、天候や時間に結びつけるロケーションベースのマーケティングのための創造的ダイナミック作ることができます。

青写真であなたの聴衆をリーチ™

今、あなたが知っていることをどこ春ブレーカとその習慣は何ですか - どのようにあなたの活性化は、この群衆の中で目立つように計画しているを見つけるには? XADのロケーションベースのマーケティングを使用して、 青写真™テクノロジー 、マーケティング担当者は最も人気の春休みの場所における年齢別人口統計をターゲットにすることができますリッチメディア広告それは彼らの注意-や財布をキャプチャすることを確認しています。

ソース:

1 ) http://www.emarketer.com/  
2 ) http://www.usatoday.com/story/travel/destinations/ 2016 / 02 / 17 /スプリングブレイクホテル/ 80461382
3 ) http://pcbeachspringbreak.com/ 7 -factsが-あなたは---知られていない可能性があり、約-スプリングブレイク/

トピック: ロケーション戦略モバイル季節の

小売の進化: 3ウェイズ小売業者は消費者の要求の維持されています

投稿者アレクサンドラ・マシューズマール31 、 20164 : 10 : 19 AM

ガーディアンメディアサミットを変更しますロンドンに戻りました。 XADのテオTheodorou (General Manager)が、EMEAは、将来は、小売業界にとってどのように見えるかを議論し、パネル「未来のハイストリートダウンウォーク」に参加しました。 

blogimage.jpg

小売業界は、業界が進化し続けている成長速く、パーソナライズされた体験をよりアクセスし、消費者の需要になって新しい技術で、変化しています。レンガとモルタルの店はこれらの技術の上昇に適応しながら、パネルは、将来は、業界のためにどのように見えるかを見ていました。

1 。リテールでのサービスの設計

ファッション消費者の今日は、ユーバーやFarfetchなどの媒体を通じて一貫性、利便性と効率性を備えています。これらのシームレスなサービスでは、消費者は今、伝統的なブランドから同じレベルのサービスを期待しています。ファッション小売業者のコアバリューユニットは、伝統的に、それらの製品となっています。ファッション小売業者は供給、生産、流通、マーケティングを含む、複数の段階で付加価値を適用します。優れた経験を提供するために、そのような顧客サービスおよびCのような複数のタッチポイントを調整することが不可欠です ustomer関係管理( 作成やサービスを提供する上でCRM)。これは、教育を介して達成することができます。これは、小売業者は、その付加価値サービスの顧客を教育することが重要だ、と小売業者のための新しい世代に適応し、競争力を維持するために楽な体験を作成、市場の進化に自分自身を教育を受けたままに。競争の激しい分野では最も迅速かつシームレスに顧客の欲望を満たす目的地へシフトしています。小売業者は、伝統的な小売環境で競争力を持つようにするための効果的なサービスのデザインを持っているために、それは重要です。

2 。オンデマンド経済におけるブランド構築

今日有効であるためには、サービスの設計とブランド開発を分離していない小売業者のために重要です。成功した小売業者は、トラフィックを駆動し、サービスの設計に深く意識を作成からブランディングのフォーカスを移動しました。その仕事全体の顧客の旅を通して、企業の価値を実証維持することです今ブランディングの一部であるすべてのそれらの保持、ユーザビリティとユーザのセグメントで構成されるように使用されるサービスの設計チーム、。企業が直接、独自の値を作成する必要がない、と価値提案の制御を持っていないで、その結果、プラットフォームです。値の交換も同様に強力なブランドを構築するなど、可能な限りシームレスかつ直感的であることを確認するために、ビジネスの仕事です。強力なブランドを構築するためには、消費者を理解し、発展途上市場に追いつい上の重要性が増しがあります。消費者はブランドが、特に今、オンデマンド経済の中で、透明であるために必要で、その結果、信頼に増加した重要性を置いています。今日の消費者はより多くを要求します。それは、この高度に進化経済に適応可能なブランドを構築を通じて、これらの消費者の需要を満たすために企業に任されています。

3 。成長マーケティング

成功した小売業者は、同時にブランド構築とスケーリングの成長に焦点を当てます。ファッションブランドは、デジタル技術へのデータが豊富でインタラクティブな世界のおかげで印刷物やビデオの拘束具から進行してきたし、体験的に突きされている、omnichannel。この新しいデジタルの世界では、製品の購入を取り巻く消費者に価値を創造し、提供するための無限の機会を提供しています。我々は非常にデジタルの世界ではあるが、 90小売商業の%は、まだ位置データを利用を通じて達成可能であるデジタルで彼らの消費者に到達するための小売業者のための巨大な機会を提供する、店舗で行われます。 Mobileは古い戦略を改革するためのマーケティング担当者のための巨大な機会を提供し、リアルタイムで消費者に到達するために使用される車両です。これらの接続されたデバイスの移動度は、消費者の位置に基づいて、リアルタイムの洞察を調達する機会を提供する、汎用性の高い通信チャネルになります。小売業者は最高のマーケティングの成長を活用するために、それらのデータだけでなく、彼らの消費者を理解することが不可欠です。

場所:戦略マーケティング命令型より洞察力については、当社のホワイトペーパーをダウンロードしてください。 

今すぐレポートをダウンロード

トピック: ロケーションイベントモバイル

5市場レポートの私たちの国からのキーのデジタルトレンド

投稿者ニコールGenchu​​r マール1 、 201610 : 00 : 00 AM

State_of_the_Market_​​ASSET.jpg

今日ダウンロードできます - モバイル業界は急速なスピードで進化して、市場のレポートの私たちの新しい状態と現在の滞在!報告書では、デジタル風景の中に、いくつかの傾向を強調表示し、消費者が今日の自分のモバイルデバイスを使用している方法に新たな光を当てます。

  1. 世界的にスマートフォンの所有権が成長し続けると、広告収入は、モバイルに迅速にシフトしています。 に2016 、世界のモバイル広告費は$を上回るだろう100場所をターゲットとした広告を通じて消費者に到達するに焦点を当て、より多くのブランドとB。
  2. 利用可能なすべての様々なメディアデバイスのうち、消費者は自分のスマートフォンに最も注意を払っています。 消費者に届くの中で最も成功した方法は、彼らの注意は、それが広告になっても、最もフォーカスされ、スマートフォン、を介して行われます。
  3. 毎日のモバイル利用が増加すると、消費者は、毎日の活動のためのアプリを利用しています。 消費者は、関連する、リアルタイムで彼らが望む情報、製品、サービスへの容易なアクセスを提供する位置認識アプリケーションの利点を発見しました。 
  4. Mobileは、購買決定を支援するために、特に店舗で、商取引の必要な部分です。 マーケティング担当者は到達し、彼らが望む内容でそれらを標的とすることにより購入を行う前に、消費者のモーメントと係合するために、この機会を活用することができます。 
  5. 買い物客は、保存されたような時間やお金のように利益のために、より多くの個人情報を、あきらめて喜んでいます。 マーケティング担当者が消費者であるか、またはされている場所のビューを持っている位置情報を使用することは大きな利点です。これはそれらに彼らの消費者があり、どのような製品やメッセージ、彼らがに最も受容している人の非常に強固なビューを提供します。

今日フルレポートをダウンロード!

 

トピック: リサーチモビール

Portions of this page translated by Google.